1. ホーム
  2. 神奈川県の不足している診療科目

内科医や外科医などは、神奈川県の都市部に集中している傾向にありますが、産婦人科はそうではありません。
都市部であっても、産科医不足が問題となっており、早急な対策が求められています。

神奈川県の産婦人科医の数は全国40位

 神奈川県の産婦人科医数は、年々増加傾向にはありますが、その数は平成26年度のデータで744人となっており、決して多くないことが分かるでしょう。
人口10万人あたりの医師数は、37.2人で、神奈川県は全国40位という結果に留まっています。

産婦人科医減少の背景には少子化があります。
だからといって妊婦にとって安心できる産科医数であるかどうかを確認してみると、 「地元で産みたいけれど断られてしまった」 「妊娠に気付くのに遅れたため、産科難民になってしまった」 といった声も多く、これから子どもを産み、育てる世代にとって、産科医不足は避けて通れない問題となっています。

高齢の産科医が、跡継ぎのいないまま、次々と閉院していくケースも多々見られる中、少子化を改善するためにも、すべての妊婦が安心して埋める環境が必須でしょう。
神奈川県だけでなく、全国レベルで産科医を守り、産科を増やす、そんな取り組みが求められています。

「出生数減少」、「控訴リスク高」、「時間外の呼び出し頻発」などが減少している原因

 産科医が不足している背景には3つの理由があります。
それが「出生数減少」、「控訴リスク高」、「時間外の呼び出し頻発」です。

出生数が減少し、産科を閉じてしまったり、婦人科のみの受付にしたりする医師が増えたことで、目に見えて産科医が減っていきました。
また、最近では無痛分娩を希望する妊婦が増えていますが、死亡事故などで訴訟、といったリスクもあり、及び腰になってしまいがちです。

さらに、いつ始まるか分からないお産を扱う産科医は、深夜であっても早朝であっても、駆け付けなければいけません。
産科医不足の現状では、一人の医師へ負担が大きくなる例が多く、産科に興味はあるものの別の科へ進んでしまう医師が増えています。

病院によっては、土日に陣痛が来た場合は、やむなく週明けまで陣痛を点滴で止める、といった処置を行わざるを得ない医療機関もあります。
これは、自然な形で産みたいと考える妊婦にとっても、深刻な問題となっています。

神奈川県の医療現場では、内科医だけでなく外科医不足も深刻な状況です。
転職を考える場合は、神奈川県の外科医が置かれている状況を正しく把握し、自分にとってもっとも働きやすい医療機関を探すようにしましょう。

神奈川県の外科医の数は全国45位

 神奈川県の外科医数は、平成26年のデータで1,428名となっており、人口10万人当たりの医師数は15.7人となっています。
同年度での全国平均は22.1人となっており、全国45位と言う数値ですから、医師数が足りないことが良く分かります。

外科医は全国的に不足しており、外科医がいなくなることを憂い行動する会などもあるくらいです。

都心に近く、住みたい県として名前が挙がることも多い神奈川県ですが、なぜ医師が不足してしまうのでしょうか?
その理由は、都市部と都市部近郊との差にあります。

全国的にも有名な医療機関が多く集まる横浜市や川崎市では、最新技術を学びたいと考える外科医が集まっており、それほど外科医不足を実感することはありません。
その反面、この二都市を離れてしまうと、多くの市町村で医師が足りないと言う現状にあり、外科医をはじめとする医師、医師の積極的な採用活動が続けられています。

また、交通の便が良い神奈川県の医師は、東京などへも通勤が可能です。
住まいは神奈川であるにも関わらず、職場は都内……という医師流出も深刻な問題となっています。

「長時間労働」、「控訴リスク高」、「技術の取得に時間がかかる」などが減少している原因

 外科医不足は、神奈川県だけでなく、全国的に叫ばれている状況です。
その理由が「長時間労働」「控訴リスク高」、「技術の取得に時間がかかる」という点です。

手術などで、長時間労働になることの多い外科医は、若いうちは良いのですが年々身体へかかる負担が大きくなります。
腰や全身の筋肉、骨などへ疲労が溜まることもあるでしょう。
辛い状況でも代わりがいない点も問題視されています。

さらに、細心の周囲を払い、最先端の技術でオペをしていても、常に控訴リスクがつきまといます。
病院側が全面バックアップしてくれるような医療機関なら良いのですが、個人や小さな診療所では、たった一つの事故が将来へ影響を及ぼしてしまう場合もあるでしょう。

それだけでなく、外科の仕事は技術の習得に多くの時間がかかるでしょう。
実際に手術の現場へ立ち会い、目で仕事を覚えたら、簡単な手術から実践で習得していく必要があり、一人前の外科医になるためには長い時間を要する点も、外科医不足の一因となっています。

 

深刻な内科医不足が叫ばれている「神奈川県」 実際に勤務している内科医の数や現状を知り、転職先探しの参考にしていきましょう。

神奈川県の内科医の数は全国41位

 神奈川県で勤務する内科医の数は、人口10万人あたりの医師数でみると、全国41位となっています。
内科医の数自体は、18年に一度減少した後は、年々増加しているのですが、人口の増加に追い付けていない、というのが現状です。

日本国内で見ても、内科医不足は深刻です。 まとまった休みがなく、勤務時間が長いこともあり、40代、50代で退職してしまう医師も増えています。

高給だと言われている医療の世界ですが、世界的に見ると、日本の医師は待遇が低いことに気付きます。
国の制度で、患者側は安価な治療が受けられていますが、その分医師が受け取るべき給与が減らされているという現状もあります。

内科医として、満足の行く転職をするなら、自治体が母体ではない医療機関や、適正なポジションが与えられる施設を選ぶことも重要でしょう。
自分がやりたい医療が推進されているか、医師を使い捨てで酷使していないか、といった面も考慮すれば、「神奈川県」の求人の中で、優れた医療機関を見つけ出せます。

今現在は不足しているものの今後は余る!?

 現在、全国の医療機関で不足している「内科医」 それでは、今後内科はどうなっていくのでしょうか?

医療に携わる人間の中には、近い将来「医師過剰時代がやってくる」と分析する人が多くいます。
また、この医師過剰状態が起きた場合、全国的に医師が余るのではなく、特に都市部が過剰状態になるという声が多いでしょう。

この理由には、 「いずれ団塊の世代が寿命を迎えること」 「AIやブロックチェーン技術の発達」 などが挙げられ、患者も、現場で働く医師の数も減っていくと考えられています。

現に、千葉県大学医学部付属病院で、「Aiセンター」が設立されたり、北原国際病院を運営している、医療法人社団「KNI」と「NEC」がAIを利用した病院経営システムの開発をスタートさせたりと、近い将来医療の現場は大きな変貌を遂げるでしょう。

過剰になった医師は、都市部以外の勤務地を探す、もしくは開業といった選択肢を迫られるようになります。
現在のところは、“就職難民になるほど医師の過剰状態が続く”とは思われませんが、2035年以降も現役で活躍したいと考えるなら、「神奈川県」などの都市部で、最新の技術や知識を身につけておき、地方や開業の際に生かすと良いでしょう。

都市部での勤務することは、将来につながる人脈も手に入れやすくなります。
「神奈川県」で学んだ医療の知識や、横のつながりを利用して、一生涯自分らしく輝ける医師を目指したいですね。

 

  • 1