神奈川県の医療資源の状況

「神奈川県」の医療資源は今現在、どのような状況なのでしょうか?
医療施設数や病床数などをデータで知り、求人活動に役立てていきましょう。

神奈川県の医療施設の状況

 「神奈川県」の医療施設は、残念ながら人口10万人あたりで見た病院数、一般診療所数、有床診療所数、歯科診療所数、薬局数、救急告示病院数のすべてが、全国平均を下回っている状況です。

具体的には下記のようになっており、全国2位の908万人もの人口を、医療機関がカバーできていない現状が指摘されています。

「病院」が342軒(10万人あたり3.8軒・全国平均では6.6軒)
「一般診療所」が6,556軒(10万人あたり72軒・全国平均では88.5軒)
「有床診療所」が248軒(10万人あたり2.7軒・全国平均では6.9軒)
「歯科診療所」が4,920軒(10万人あたり54.1軒・全国平均では61.1軒)
「薬局」が3,724軒(10万人あたり40.9軒・全国平均では45軒)
「救急告示病院」が161軒(10万人あたり1.8軒・全国平均では3.0軒)

利便性が良く、住みたい街を多く有している「神奈川県」は、今後も人口が増えていくと予想されます。
そのため、医療機関の充実は、県が必ず行わなければいけない課題と言えるでしょう。

神奈川県の病床数の状況

 それでは、「神奈川県」の医療機関における、病床数はどうなっているのでしょうか?
こちらも全国平均と比較しながら確認してみましょう。

「一般病床数」が46,267床(10万人あたり508.4床・全国平均では696.6床)
「療養病床数」が13,462床(10万人あたり1,447.9床・全国平均では255.6床)
「精神病床数」が14,155床(10万人あたり155.5床・全国平均では263.4床)
「病院病床数」全体では46,267床(10万人あたり814.4床・全国平均では1,221.6床)

以上のデータから分かるように、全国の医療機関と比べると、圧倒的に病床数が足りないことが分かります。
病床が少ない現実は「入院させたくてもできない」「完治していなくても退院を促さなければいけない」といった医師の悩みの種となるため、一刻も早い病床の確保が求められるでしょう。

神奈川県の在宅医療、介護施設等の状況

 次に、「神奈川県」の在宅医療や介護施設の状況を見てみましょう。

「在宅療養診療所」が832軒(10万人あたり9.1軒・全国平均では11.0軒)
「在宅医療を行う歯科」が733軒(10万人あたり8.1軒・全国平均では11.0軒)
「訪問看護ステーション」が523軒(10万人あたり5.7軒)
「訪問薬剤指導を行う薬局」が2.659軒(10万人あたり29.2軒)
「在宅看取り実施病院」が25軒(10万人あたり0.3軒・全国平均では0.4軒)
「在宅看取り実施診療所」が296軒(10万人あたり3.3軒・全国平均では3.4軒)
※訪問看護ステーション、訪問薬剤指導を行う薬局については全国データ無し

上記を見ても、今後やってくるであろう超高齢化社会に向けて「神奈川県」が行うべき対策は多くありそうです。

介護施設については、下記の状況になっており、将来を見据えると数が足りないと言わざるを得ません。

「特別養護老人ホーム」が384軒
「介護老人保健施設」が192軒
「認知症高齢者グループホーム」が711軒
「軽費老人ホーム(ケアハウス・A型)」が47軒
「養護老人ホーム」が18軒
「有料老人ホーム」が752軒
「サービス付き高齢者向け住宅」が268軒

各医療機関や介護施設で勤務する医師の中でも、産科、小児科、内科、外科、麻酔科で働く医師が全国平均を下回っており、UターンやIターン転職者が必要とされています。